MMDモデル修正パッチ配布中!

私がオリキャラを作るまで

未分類

今回は、私が今ここでオリキャラを作るに至った経緯をまとめてみました。

  • 2019年前半?
    • led-apps.comを見つける
      • 詳しいことは忘れたが、趣味の一環
    • 配布されているソフトの1つ、ATOS発車標にて使用する音声データを制作
  • 2020年10月ごろ
    • Blenderでキャラクターモデリングに挑戦
      • もともと興味は少しあった
      • 完成しても公開するつもりはなかったし、権利上の問題でおそらく公開できなかった(あくまで練習)
      • この時の作品は最後まで完成させられなかったが、ここである程度操作を学んでいたことは、のちの制作において大いに役に立った
  • 2020年11月
    • CeVIO CS Freeの存在を知る
      • 無料高品質、かつイントネーションが調整できる合成音声ソフトを探していた
        • Open JTalkではアクセントが全く調整できなかったため、一部の音声パーツで不自然な読みとなってしまっていた
        • テキストークが動かなくなる不具合が発生。原因は最後まで分からなかった
        • 今でこそVOICEBOXなどがあるが、当時はあれほどの機能と性能を持った無料ソフトはなかった
      • すでに配布が終了していたが、アーカイブからダウンロードして試しに使用(個人利用ならグレーゾーンという認識)
  • 2020年12月~2021年1月ごろ(正確な時期不明)
    • CeVIO CS7の試用登録
    • Freeにはなかったアクセント編集画面の手軽さに感動
    • 製品版購入(1/25, 1/26, 2/17, 2/19)
      • この時既に後継のCeVIO AI が出始めていたので、このタイミングでCSを購入したのは今となっては理解不能
  • 2021年3月
    • CeVIO AI 購入
      • 高い買い物だが、この時点では明確な使用目的がないという、いかれっぷり
    • AIで作曲ができるということを知る
      • https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/06/news045.html
      • 興味を持ち、Orpheusむげんミクうたで実際に楽曲を制作。よくわからないまま適当に作ったのに、ある程度それっぽくなったことに感動し、勢いそのままYouTubeに楽曲を投稿
        • この時の楽曲が「廻花逸花」
        • 公開した動画は音楽に合わせて楽譜が流れるという動画であった(この時の動画は削除済み)
  • 2021年4月
    • キャラミんの存在を知る
      • 作った楽曲に振り付けをしてミュージックビデオとして公開したいが、振り付けを考えることはできないので、何かすべはないかと調べていたところヒット
      • 早速振り付けを生成し、多少の修正をしてYouTubeにアップロード
    • 投稿した動画(AIに歌を作らせてみた)の作り方を解説するシリーズを投稿開始
      • なぜ作ろうと思ったかは思い出せない
      • Orpheus開発者の嵯峨山先生に動画をご視聴していただけたようで、以降Orpheus公式ページに私の動画へのリンクが付く
  • 2021年5月
    • 突然、オリキャラを作って踊らせたいという衝動に駆られる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました